地主とトラブルになった時|良い物件を見つけるには不動産会社の力が必要|テーマを見直す
家

良い物件を見つけるには不動産会社の力が必要|テーマを見直す

地主とトラブルになった時

住宅

土地を借りる側の権利

借地に関することは、色々なトラブルを起こしがちです。土地を借りているということは、概して貸主よりも弱いということになります。土地の所有者から理不尽な要求があった場合は、法的な解決が一番です。しかし、多くの人は弁護士の知り合いはいないという状態です。相談をしようにも何処にいけば良いか判断できないことになります。そのような場合は、直接弁護士を探すのではなく、借地をしている人の組合に相談するべきです。借地人の組合の会員になれば、トラブルの相談を受け付けてくれます。そして、法律を基準として解決に結びつけてくれます。弁護士が必要と判断されれば紹介もしてくれます。それらの事例の多くはホームページでも閲覧できます。

トラブルで多いのは

借地のトラブルで最も多いのが、更新料に関する問題です。過去に地主の言いなりで更新料を支払っていると、暗黙の了解と見なされて、次の更新の際も同じように請求をしてきます。しかし、地主の言いなりにお金を払うのは危険です。更新料の金額は社会的な基準の範囲がなく、地主の裁量で決められるからです。更新料が高すぎると判断した場合は、すぐに法律の専門家に相談するべきです。地主と話し合いを続けても平行線を辿ることもしばしばです。しかし、法律が間に入れば、立ちどころに解決します。トラブルに合った時に慌てないためにも、普段から借地人の協会に加入していると間違いありません。自分が弱い立場であることを自覚しておくことが大切です。